満月堂

新着情報
新着情報

満月堂からお知らせ

6月晦日は夏越の祓

その昔、天然の氷雪を山懐の氷室に貯え、盛夏に宮中に献上する習わしがありました。酷暑のなか、平安貴族のために氷を運ぶ途中で命を落とす人たちもいました。

その大変貴重な氷を形取って作られたのが「水無月」です。

夏越の祓、6月の終わりの日に半年分の穢れをはらい、残り半年の無病息災を願って食べる京都の風習で、三角の氷に乗った小豆には邪気を払う意味もあります。

白・抹茶・黒糖 各160円(税込)

<   ・ 一覧へ戻る  ・  >