満月堂の成り立ち

満月堂の成り立ち

満月堂 HOME >  満月堂について  > 満月堂の成り立ち

満月堂 名前の由来

初代が中秋の名月鑑賞の地、

大覚寺大沢の池にて名月を観た際、

そのあまりの美しさに感動し屋号を「満月堂」と定めました。
満月堂 開店当時
満月堂開店(昭和28年)当時の様子

想いも共に時代にのせて・・・変わらぬ味 変わらぬ想い そして新たに生みだすおいしさのシンフォニー満月堂の歴史

昭和初期~中期

  • 昭和28年

    初代磯野晴義が京都嵯峨にて、御菓子司 満月堂を創業。
    朝生菓子・餅を中心に売り、人気店となる。

  • 昭和42年

    粒あん入り羽二重餅「嵯峨むらさき」を発売。
    京都の銘菓として育ち、称賛をあびる。

昭和後期

  • 昭和58年

    京都太秦に満月堂2号店をオープン。

  • 昭和60年

    京都千本丸太町に満月堂3号店をオープン。

  • 昭和61年

    「いちご大福」を発売。大人気商品となる。

平成初期~現在

  • 平成2年

    2代目磯野義生が独立。有限会社 満月堂を設立と同時に宇治木幡本店をオープン。
    屋号を「和菓子のシンフォニー」に改称。

    ※シンフォニーの由来
    この宇治で前職は中学校の音楽教師をしており、地域の皆様がよく知っていただいており、音楽にちなんで「シンンフォニー」と名づけました。
    また、私たち家族は音楽一家ということもあって、音楽のメロディーとともにお菓子のシンフォニーを奏でたい・・・そんな想いが込められています。

  • 平成14年

    ふたたび屋号を「満月堂」とする。

  • 平成16年

    銘菓「宇治むらさき」を発売。
    現在に至る。